AMATSUN’s blog

50代サラリーマンのセミリタイア

その他77(リタイア者は日々の支出削減は重要でしょう/その他今後のことなど)

1)副業/フリーランス

今日は、副業先No.1の月一回の社内定例。3ケ月契約になっていて、7月で満了、8月以降については7月1日に話があるそうで、もう終わりかなあ。やはり、フリーランスでの収入なんて期待しちゃだめですねえ。再来年も「持続化給付金」があるといいのになあ。。なんて。。

 

2)25日給料日

明日25日が土曜日なので、今日、給料入金日。先の「地方税」が大幅アップになってしまったので、手取りが5万円減ってた。この手取額、39歳の頃の手取額とほぼおなじだわ(当時、金融機関にいたのでまあ高給ではあった)。10万円を残して、生活費口座に振替。10万円は、あおぞら銀行BANK支店(金利0.2%)に後ほど移しますよ。

給与もあと数回。最後の月は、住民税2ケ月分取られるんですよ(何回も転職してるので)。

 

3)退職交渉

今日、副業のMTGの後に、正社員の会社の方の「今後」について、人事担当役員(人事担当役員が二人いるんですよ、最近入社してきた方の人)と面談があります。「後任」が7月1日に入社してくることがようやく決定したそう。そこで、8月末退職(もう7月末は無理だなあ)の方向で、あとは「交渉」ですわ。

 

4)認知症介護

GWに自宅で倒れて救急搬送された実父、転院先で認知症がはっきりしたので、今日また転院するそう。いろいろ実姉実母と電話で揉めましたが、私はなるたけ関わらないスタンスです。認知症になったことが実姉実母はショックのようでしたが、心配事で聞かれたのは、実父の年金が入金口座が凍結されて引き出せなくなるのかというアホな質問。病院が「認知症です」って言うと、銀行にそれが通知され銀行口座が凍結されるとでも?、そんなあほなことないでしょうが。恐怖政府ですわ、それは。

なんか、父親の年金に頼っている生活(実母はいわゆる3号非保険者でしたから)のようで、2ケ月に1回入金される年金以外に、これと言った金融資産はないそう。。40年も働いて、大きな会社ではなかったですが役員までやった実父、90歳までにすっかり使い切っちゃったみたいですわ。しょうがねえなあ。

 

5)住民税

住民税の話は、ここのブログ界隈でも話題多いですね。家人も住民税が数千円/月上がったとか言っていたので、俺は6万円/月もあがったと言ってやりました。扶養に入れてくれ(健保に入れてくれ)を言ったら、速攻拒否されました。

 

6)やっぱり日々の倹約

7月末又は8月末でサラリーマン引退は、私は変わらない決定事項。あとは毎月の収入は期待してはならないので、要は日々の生活で贅沢をしないことに尽きると思います。昼に外食ランチなんかしないで、家で食べて、あとはどう健康的でお金のかからない楽しみをして過ごしていけるかで、それが残り、30年なのか、20年なのか、10年なのかでしょう。そして、認知症とかで病院に入る時に、「一銭も預金とかない爺かよ~」と子供に言わせないでおけるようにしたいです。そうじゃないと、迷惑かけるだけだわ。株式とか投信とか暗号資産で残したんじゃ、換金にも困るでしょうから、銀行の預金でしょう、キャッシュカードで降ろせることも重要よ。

生活78(住民税とか税金/家人の扶養に入りたい/その他)

リモートワーク中、正社員所属の会社オフィスの行ってきました。往復含め2時間で即効帰宅しました。目的は、個人立替している費用の「領収書」にシャチハタ印押して経理に出すためだけ。毎月のことですが、Zoomの多人数ライセンス・オプション費用、月額2,200円を個人立替だけ。セコイですが、自腹しないよ。通勤定期代はもう支給されていないので、1回オフィスに行くと770円、あとで支給されます(笑)。

人事担当役員がいて、「また新たに部長クラスとか入社してくるんで席がないんですよ、そちらのお席をお譲り頂くかも」とか言ってましたわ。てか、数人しか営業部門も来てねえじゃん、とっととフリーアドレスにしろよと思うが、7月末か8月末に退職する計画なので余計なことは言わんでおきました。

 

1.都市伝説

会社オフィスに行ったのは、「住民税課税通知書」を受取りにもあり。よくネットの情報で、「副業が会社にバレるかも」にこの住民税課税通知書が言わてますが、都市伝説。会社がやる特別徴収(月額)は誰でも見れる状態になってますが、シール状になっているのを剥がして全体を開けないと、総所得とかは見れないようになってますよ。人事の野郎が剥がしたらまずいよね。まあ、「アレ?、この人の給料でこんなに住民税高いの?」とかって、そこまで思わんでしょう。私は、ちゃんと副業することを会社に言ってあります。

 

2.住民税とか税金高すぎ

今の会社に2年半前に転職した直後、コロナ禍で最初の賞与が出ないという悲劇にあり、その年、前年年収から30-40%くらい減ったので、昨年の地方税一揆にその前の年の1/3、22,000円/月、年間264,000円/年に減りました。昨年から副業収入もあって、55歳役職定年前の最高年収すら超す総所得になってしまったので、この6月以降の住民税、おそるおそる見ましたわ。68,300円/月、年額818,500円だと。。55歳のときとだいたい同じかあ。3月頃にブログで書いてますが、確定申告したら所得税も、還付どころか30万円も追加納税した「とても素晴らしい国民」の私です。もう、表彰してほしいですよ、国と自治体から。

 

3.契約社員の家人の健保に入りたい

7月末か8月末に正社員/会社員を引退後、私は自己都合退職なので、失業保険給付は150日です。総額120万円くらいなのですよ。そこにおいて、年額80万円の住民税、これに60歳までの約2年分の国民年金払ったら、一銭も残らんですわ(転職人生してしまったので、退職金もないし、まあ自己責任ですが)。

しかし、80万円の住民税ってなんやねん。イオンの株主で3%キャッシュバックのある私が、イオンでする年間の買物額がだいたい50万円、30万円もお釣りがでますよ。住民税分で、年間の自分の食費とかが充分足りるんです。

それからすると、投資で得られる方のキャピタルゲインや配当への課税率ってっ低すぎじゃねー、と自分勝手な意見です(ここのブログカテゴリの個人投資家さんにディスられそう)。

やっぱり、社保加入してるホームセンター勤務の家人の健保に入れてもらいたい。。。以前話したら、「旦那が無職で扶養してるとか恥ずかしくて会社に言えん」とかいってやがった。

会社の健保の負担額って、扶養家族の人数で増減しないんですよ。私を扶養に入れても、家人の毎月の健保負担額は変わりません。私が、今の会社の健保の任意継続すると、だいたい25,000円/月、年間30万円もかかっちゃう。家人に交渉します。ダメなら、4月から就職した息子に頼むか、ぶん殴られるかも。

 

会社員引退後、フリーランスでの仕事が継続あればうれしいが、なんか税金ばかり取れるのもしゃくにさわる。このままコロナ禍での「なんちゃら給付金制度」があるなら、仕事なければフリーランスとしては「売上ゼロになりましたー」って、申請して給付金を正当にもらいたいとか考えちゃいました(給付金にも税金かかるのかな?)。

 

取られている税金、いろんなところに使われているだろうなあ。。。go toじゃないですが、旅行の補助助成金とにかもねえ。なんだかなあ。

その他77(重大報告/このブログランキング界腹立つからやめるか/その他)

「重大報告」とかって、はい、誇大広告です。今日の本題は、これまでのブログでも書いてますが「お金持ち自慢」みたいなブロガーさんの記事が目につくことが多くての話ですよ。あとその他。

 

1.始めに

私がこのブログ始めるきっかけは、約3年弱前(55歳)の時に役職定年になって、アーリーリタイアを検討し始めた際に、同年代の方の状況などを勉強するためでした。当時、よく見てたブロガーさんは2人。でももう、お二人ともブログを閉じられしまいました。一人は、お子さん二人いて50歳前半(当時)、大手の会社の技術者だったが早期上乗退職金をもらいリタイア、その方はもらった退職金のことや資産の自慢なんかなく、日々、何をして暮らすかで悩みながらの記事が参考になりました。バイトにもチャレンジしたり。。でも、予感がしていたのですが、突然ブログ閉鎖。恐らく、再就職されたんだと。それではアーリーリタイア・ブロガーとしては…で閉鎖かと、別にいいじゃないですかね。

もう一人の方、この人も企業を早期退職された方。日々の悩みや今後への悩みなど書かれてましたね。職探しも書いてましたが、なかなか難しいと。で突然閉鎖。恐らく、真剣に職探しをすることにしたのだろうと。

とても参考になったブロガーさんだったのに。

 

2.最近の「50代セミリタイア」のブロガーさん

もうなんての、明確に金額を書かれている人など、億円超えとか、そこまででなくても8,000万円超とか。で、投資信託のこととかも書かれてますが、まあ(失礼、私から見るとですが)散財の日々を写真付きとかで。もういい加減見たくなくなる、アホかと(でも見ちゃう私)。

でもよく読むと、「妻帯者/子なし⇒えー、だったら自分も子供の大学学費だけでも1,500万円くらい浮くわ」、「持ち家はない(持つ気ない)⇒だったら5,000万円浮くわ、今では5,000万円で買えないけどね」、「車は持っていない(都心に住んでるので)⇒スミマセン、何台も乗り継ぎました、1,000万円くらい浮くか」。。これだけで7,500万円かあ。。

金額までは書いていないが、退職後の健保/国保/地方税の支払とか、「全然大したことない」とか言う方も。私には自慢にしか聞こえない。。私は、失業保険で賄うことなどや、地方税についてはあまりに高いので、この夏で正社員を辞めて(今の副業が続くといいなあは有り、確定申告するので経費を積みますよ)、所得額を抑えようととか、契約社員の家人の扶養になって健保に入れてほしいなあとか(拒否されてます)、金の算段ばかりしいてます。。。

投資で儲けた人のブログは、もうさすがに見ない(開かない)ことにしてますわ。

ということで、エントリしてるブログのカテゴリ、参考にならないブログが多いので、引っ越そうかと思っています。

 

3.その他のお話/副業

あと1週間強で終わる…ふー、6月末で終わる副業先No.2の支援業務(株主総会のお手伝い)、来週、拘束時間が長いが、あともう少しの辛抱。今回、上場会社の株主総会の仕事を2年ぶりくらいで関わってみて、「もういいや」という結論です。先週、ふと、このジャンルの仕事を初めてしたのが…ということで、30歳代時のかつての会社の株主総会の資料をwebで見てしまい…、なんと20年前でしたわ。。20年超も関わり続ける仕事でないわ。飽き飽きでした。。総会の「議長」をやらせてくれるなら別ですがね。

 

4.個人投資家さまへです

「6月の定時株主総会の時期ですね」って、企業からくる株主総会招集通知を積んでみた写真とかアップされているブログを見かけます…来年から、あれほぼなくなっていくのです。「紙」はご希望の株主様にだけ送ることになりますってのが、今総会の「定款変更議案」ですよ、全上場会社みんなおんなじ議案です(一部除いて)。

それと、今年も増えてますが、株主総会の「ライブ配信」&「事前質問受け付けまーす」。昨年までに「お土産」も廃止してますでしょう、コロナ理由で。これで、来場者数が激減したので、大きな会場を使う(押さえる)必要もなくなるのですよ。

株主数によりますが、印刷物減少▲500万円(もっとかな)、会場縮小(会社の会議室でいい)で▲500万円とかになるでしょう。私がかつて関わった会社、不祥事があったとき、ホテルオークラを2会場、MAX5,000人来場のキャパを押さえてましたが、あれがなくなったら数千万円のコストダウンでしょう。配当金もっとくれよでしょう。そもそも郵便代で、毎回毎通、80円だか120円かかってるでしょう、あれ、その郵便代、配当金でくれよですよ、そもそも。

なんか、米国は既にGAFAとかの株主総会ってとっくにWebで、数名(10名とか)くらいしか会場には来ないそう、しかも「決議議案」自体ほぼない(取締役会で決議できちゃうので)。それなのに、米国機関投資家って日本の今回の定款変更に反対してるとか、意味不明です。

 

また長文になってしましました。

その他76(ウソをつける人/会社は進展しねえ/など)

昨夕、悪魔の電話、姉からの電話(入院している実父のこと)があり、気分が台無しになったので、それを。その前にいくつか。

 

1.退職したい会社の後任問題

7月1日入社でオファーを出しているらしい「後任候補」の件、進展せず。送った資料(契約書らしい)をまだ見てなかったとかいう返事があったとか(人事課長から入手)。7月1日までもう2週間切りましたよ…意味不明。自分から関係役員に「どうなってるんだ」と聞こうかと、喉まででかかりましたが、我慢、やめときました。こっちから言うのは、交渉事としては負け。。

グダグダだから、「7月末EXIT&年末までは業務委託料で解決金をもうら作戦」には執着せず、1ケ月延ばして「8月末退職」で「あとは知らん」でいいかなと。

理由は、youtubeで失業保険の解説をしている動画(いっぱいある)で改めて失業保険給付額を計算したり。来年の住民税と健康保険の原資になるので。無理くり「解決金」をゲットするより、1ケ月、退職を遅らせればそれでも多少の資金(社保も1ケ月ゲット)になり、大差ないかなと。

顧問先の仕事の方も、8月以降契約継続されるかどうかは、あてにしないでおこう。

 

2.私のブログはネガティブ

毎日のようにランチの写真や、海外旅行の計画、投資で配当金が何百万円とか、退職金3000万だか5000万の運用のことを書かれているブロガーさんと、私のブログは違います。

でも、「実は自慢でしょ」って人のブログ、読んだ後に「ケっ!」とか思うのに、読んじゃうんですよ。。その方たちのブログは人気ランキングも常連上位。

私のは「がっかり」や「腹立ったこと」ばかりで、人気がない。ネガティブ・ブログ。本音が8割、2割は「そういう話の方が役に立つのでは?」と思い書いてます。奥様や子供らとのランチや会食の写真見せられても、私にはなんの役にもたたないもん。。。

 

3.たまに自慢

youtubeのギター演奏の方は47曲まで到達。。最初の目標まであと3曲…。チャンネル登録数も87人(このブログよりずっと多い、まあ市場の大きさが違う)、こっちも100人を目標とします。ささやかな自慢。自慢になってないか、無収益だから~。

 

4.本題/悪魔の電話

姉から、入院中の実父(90歳)が病院で暴れて看護師に怪我をさせたので、家族が夜は付き添えで泊まれと言われたと、明日の日曜の晩、担当しろと来た。

この実姉(あと実母も)、平気で虚言癖というか、自分の都合良いようにことを大袈裟に言う。また、子供の頃から私に嫉妬深く、イジワル(制服をハサミで切られたとか、いろいろ)されたこともあり、大学生になった時に家を出た(そのために家から通学できない国立大学に進学したわ)。

最初は、疑わず聞いいてたのですが、ブロガーさんで、実父さんが特養におられ、特養で実父さんが暴れたり徘徊逃げたりという記事を見てましたので、そんなことはあるだろうと。しかし、QするとAがなんか変。

 

1)椅子を投げた言うが

いや、転んで救急搬送されたんだし、椅子を投げるほどの力はないでしょうが。

2)看護師さんに怪我をさせたから

えー、傷害罪じゃん、いくら老人でも警察を呼んで、事情聴取されないのかね、怪我というくらいなら。

娘が医療機器販売の会社にいて、大学病院とかに出入りしてるので、この経緯をLINEしたら、「そんなの病院ではしょっちゅう、看護師怪我とか大騒ぎのことでないし、多分、病院の都合でしょう」との見解。

3)整形外科のはずが精神病と言い脳外科だとか

医者に「精神病」と言われたとか。精神病って「病名」じゃないでしょう。整形外科で転院て聞いたが、その病院は精神病院じゃないじゃんとい言ったら、今日知ったとか言う始末。さらに、鬱とか、適応障害とか、解離性なんちゃらとかって90歳の老人がなるのか?と聞いたら、「わからない」だと。

4)医者から直接リモートで聞きたい

ここまでも実母、実姉の話はコロコロ変わるしよくわからないから、「(あんたら信用できないから)直接医者から聞くわ」と言ったら、「コロナのせいで医者説明してくれない」、「家族で会って協議しましょう」だと。「協議」してもしょうがないでしょう。。Zoomとかリモート会議システムで医者と繋いでで済むでしょうと言ったら、「そういう仕組みやシステムはない」だと。この姉、大手旧パソコン製造会社(いまはIT会社のつもり)を定年後再雇用でいる人、大型早期退職金もらってなんで辞めないのかね。

は~???、医者はPCも使えないし、PCにZoomとか入れえないのかね(無償ソフトですが)と言ったら、だんまり。。。

 

一旦、明日また電話してくださいとして終えましたわ。

娘のアドバイスも踏まえると、この土日シフトの看護師(に怪我させちゃった)から人手がいないだけでは。。今日電話が来たら、今晩日曜日は無理だけど、水曜日と木曜日の晩のどちかなら付き添い泊まれるよと言ってみようかと。。

 

最後に。

転院の時に行ったら、実父は私(息子)に対して「どちら様でしたでしょうか?」と言ったのですよん(私の家人に対しては「介護士の人」と思っているようだと)。

なので、昨日の電話で、実姉に「私のこと、どちら様?って言っていたから、自分が付き添っても意味ないんじゃね」と言ったら、実姉、「確かに」って言ってましたわ。

実父、認知症状態だと思うのですが、実姉実母はそれを受けいれられないんですよ。家族が「認知症でない」と言い張る以上だと、病院もケアマネもどうにも言えないでしょう。

生活77(男の更年期障害/ほか)

ここのところ長く鼻炎とそれからくる喉鼻の不快感、治らず。。。節約貧乏生活で家の中ばかりにいるのも良くないのかもですね。何度熱を測っても平熱以下。でもなんかおもダル。アレルギーかなとか、猫と生活してるので猫のせいにしてみて、部屋の掃除や換気も徹底したが。。。気温への体の対応、体温調節力もおかしい。それと、鼻炎\喉で調べたら、加齢でそういうのになる場合もあるとかを見て、ふと「更年期障害」を思い出しました。

 

正式に診察してみてもらった結果ではないのですが、50歳前後ころから53歳くらいまでかなあ。。。寝汗がひどかったのと不眠と悪い夢を見る症状が長くありました。不眠と悪夢は最近もまだ時々ありますが、以前に比べたらかなり良くなりました。

更年期障害を疑うまでは、精神的なもの、メンタルもかなりあったと思います。しかし、発汗はちょっと説明がつかずでした。その頃、特に夜ですが発汗がすごく、頭も暑くなるので、夏冬関係なく、保冷剤で頭や首の後ろ(ここの発汗がすごかった)を冷やしながら寝てました。そのせいだと思うのですが、肩こりも酷くなり。アレは更年期障害だったと勝手に思ってます。

 

あの頃、ホント体調悪くて(今も悪いって書いてるじゃん。。。でも全然レベルが違う…)、起き上がれない、起きれないのを必死に起きて通勤してましたわ。そう考えると、頑張ったなあ。。。

以前ブログにも書きましたが、ちょうどその頃、腰痛というか歩けなくなり、脊柱管狭窄症と診断され、ブロック注射を打ってもらい、ブロック注射が痛くて処置室で叫んでましたね。最近は、半年に1回くらいブロック注射を打ってもらいますが、だいぶ慣れましたね。でも痛い。

 

更年期障害に戻りますが、ほんと発汗、体温調節機能がおかしかった。ここ最近の調子の悪さも、鼻炎の前提として、やはり「ほてり」(これがダルさの原因)があるので、体温調節がおかしい。

そこで、思い切って、1)(風邪ひくのを警戒して厚着でしたが)半袖を着ることにしてみる、2)身体を動かす(また掃除ですがね、家の中でやれることは)、3)水を飲むようにする、という対処療法(自前)をしてみました。

 

なんか、効果が少しはあるみたいな感じ。。。。

 

しかし、あの50歳代前半頃の自分診断の「更年期障害」はほんと辛かったわ。。自分的には通り抜けた感があり、折角の人生なので、やっぱりこれからを楽しみたい!、とあらためて思いました。

生活76(ランチ外食を控えてきて/6月末は楽しみ/ほか)

今日も猫にAM4:00に起こされ、AM5:00から活動してます。でもあんまりやることない。掃除、ギター基礎練習などは済ませて、副業先No.2のリモート・ミーティングが昼を挟んであるだけ。このMTGは「聞いてるだけ」なんですわ。

 

仕事系の話題はやめときましょう。7月末(雲行き怪しいので8月末も想定)でサラリーマンを引退したい私です。いよいよもあり、初春あたりから80歳代までの資金繰りなどの計算していくうちに、外食でランチを食べ歩く(と言っても在宅勤務なので家の周辺)のを4月くらいから完全封印してます。

そんな中、丸亀製麺のコマーシャル(上戸彩が出てる)、とっても美味しそうで惹かれます。でも我慢です。なあんだかんだ、「残り物」が家にあるので(うちの家人は残り物を製造するのが得意な人です…自分すら食べもしないものを量産してほしくないのですが)。

あと、札幌旅行とかしちゃったのと、家族で夜に焼肉とかの外食を、5月とかは複数回しちゃってるので、ランチ外食はなし。そのせいか、ここ2ケ月くらいイオンでの買物の支払引落額がちょっと「え!」な面もあります(どこまでケチなのか)。

 

そんな4月から6月、6月30日まであと半月を切りました。6月中はこのケチ生活を続行です。そして、支払サイトが変わったこともあるのですが、この月末には副業先No.1とNo.2の両方の先月分報酬が入ります。

加えて、最後(?)の賞与支給日です(今の正社員の会社、いつが賞与支給日かすらわからんかった。支給レベル、支給月数は未だに分からん。。。「ABCD」みたいな評価結果だけは受け取りましたがね)。その前に、25日は月給支払日か。

これらをあわせた額、これがどんな金額になるか。。。全額、貯金しますよ(すんません、個人投資家でないので。今更、ダウンサイドリスクの可能性のあるものは抱えません)。

そして、自分がハンドルしている総資産額を6月末で再集計しますよ。そしてこの「金額」でリタイア生活のスタートが切れるかどうかでもあります。

 

米国市場を中心に乱高下的に株式市場はなっているようですが、わずかな投資信託しか投資勘定は持っていない私は全く無関心です。

ここまで、質素?な人生と稼いできた?人生の清算、それが今月末です。

もうちょっとだ、頑張ろう。ゴルフは停止中、ギター演奏も今月はほどほどにして、体調管理最優先です。

その他75(若手が活躍していきます/など)

引き続き体調はなんかイマイチです。。今日は気温20°とどかず、明日は予報では30°だそう。

今月末までの副業No.2プロジェクトがあるので、気持ち的には神経質です。もっとも現状、あまりクライアントさん内の仕事をそんなに手伝えてなく。リモートのミーティングに参加しているだけになっちゃってますが。

ゴルフは7月以降ですね、6月中はやめときます、練習場も。。。体調管理が重要。。。

 

先日副業先No.1の方も、ある事案に関してのリモート・ミーティングがありました。副業先No.2とおわせて、ちょっと感じたことがあったので記します。

私的には、来月7月で正社員を引退し、今のような副業系があれば、フリーランスとして働ければいいなあ(正確には、収入を得られたらいいなあ)と思っている訳です。

そんなところで、今の二つの副業先の社内の方々を見ててです。副業先No.1はそもそも会社自体(親会社も含め)まだ比較的若い会社で、ビジネスも比較的新規ビジネス系です。No.2は、歴史は50年くらいある会社で、一般消費者が最終顧客のビジネスです。

全く違う分野ですが、どちらも30歳代から40歳代の若手(?)が活躍している印象です。まあ、私がやり取りしたり、ミーティングで会う人がそのクラスということでもありますがね。50歳代以上の人と会う(出てくる)ことは皆無です(何してるのだろう…)

 

加えて、どちらの会社も、この30歳代から40歳代の人達が、非常に筋がいいというか、しっかり仕事していて、社内リレーションもいいし、マネジャークラスの人は部門や部下のマネジメントも非常にしっかりしてると感じてます。まあ、現在所属している正社員の会社と比較してしまっている面もあります。

 

そんなところで、今年、58歳の自分、年齢は関係ないことではありますがねえ、なかなか今の30歳代~40歳代は優秀(というか結構苦労もした世代かも)ではと感じます。

シニア層以上がでしゃばるような余地はもうなくなっていくなと。

65歳とかまでとか、仮の話ですが、フリーランスで仕事を得る(収入を得る)とか「あり得ないだろうな」と感じました。同じような仕事を、今後3年後も5年後もしてるって、それ、いや、その仕事は全く陳腐化してますね、きっと。

 

前々回か、前前々回にも同じようなこと書いたな、という自分。。。