AMATSUN’s blog

50代サラリーマンのセミリタイア

その他24(悲報/ITオンチ)

祝日の今日は、朝からギターを弾いて、演奏の動画を撮るのに意気込んでいたのですが。ブログは「車」のこと、自家用車の金銭事情について書こうと思っていたのですが…

会社の顧問弁護士のことや、シルバーウイークをディスったバチがあったのか、朝、Outlookをいつもように立ち上げたら、ない、ない、パスがないとかで消失。。。。えー、昨日、MicrosoftのOne Driveが執拗に「空きドライブがありません」って表示されて、うざいから、データ消去をしました。

こうなったのも、演奏動画をPCに保存したら、自動的に?One Driveの容量を占めてしまったようで、追加の月額の容量なんか買う気ないので(月額5,000円くらいでしたね)削除し始めたら、なんだか断捨離やごみ捨てが好きな性格が発揮され、なんだかわからんものは片っ端から削除したら、programも削除しちゃったようで。。

 

うーん、もう全くわかりません。ネットでこういうケースの場合の対処方法を検索したら、まあちゃんと出てくるのですが、読んでもよくわからんです…それでも、原因は想像通りで復旧の方法はあるようで。そうこうしているうちに、am9:00になったので、Microsoftのサポートに電話をしてみました、有料なんですけどしょうがないと思い。

そしたら、なんと今日は営業日でないとのアナウンス。。。あ、「祝日」だからかあ。シルバーウイークをディスったバチか。。

私、こういう「問題ごと」を翌日以降とかに持ち越せない性格でして。。もう、ほんとイライラする~。

実は、最近は仕事関係、副業先の方もgoogleに移行したので、あんまりOutloookが使えなくても支障ないのです。昨日までの過去のメールもほぼ致命傷にならない。そもそも、詐欺迷惑メールばかりだし。。楽天とかやってないのに、楽天カードの偽メールとかですし。

しかし、「解決できていない」ということに我慢ができない私、ITオンチなのに(一応、過去、ITとかソフトウェアの会社にもそれぞれ数年いましたがね…)必死にリカバリを試して、なんとかどうでもいい削除したデータは、無償ソフトで復旧完了。

しかし、そのなんですか、OutlookのルートになってるPTSだかなんだか、これが見つかない。更にネットで調べていると、おー、これの普及方法があるではないですか。ITオンチの私にも比較的わかりやすい、そこでその案内にある無償ソフトをまたダウンロードし、普及検索、あったー!。

さて、それを「保存」してPCにとやろうとしたら…なんと、この先は有償有料のソフトウェアが必要との表示。。。わー、うまい商売だわ。。。プロ版とか言って、12,000円もする、汗。。プロじゃないし、オンチですから、そんなの要らないのに。。。あー、きっとこれを買わなくてもやれる方法あるでしょうが、気が短い私は、我慢できず。

 

更に、ここから「ケチ」のせいでミスの上乗せをしてしまったのです。案内どおり、その12,000円の「プロ版」のソフトを買えばよかったのに、そのベンダーのサイト内で「お、7,000円のソフトの方があるじゃないか、これにしよっと」で購入、クレジット決済で、アクティベーション・キーを入手。

そう言えば、この「アクティベーション・キー」ってやつ、10年弱くらい前にソフトウェア開発の会社に転職して、これ知らなくてね。。。恥を平気でかきました。まあ、おかげで「知ってるぜ」と。で、この7,000円のソフトウェアのアクティベーション・キーを入力して、よしとなるかと思いきや、ん???、できない。

なんだよと、冷静になってこのベンダーのサイトで、7,000円の方と12,000円の方の違いの表が見つかったので見ると、なんだよ、復元のデータの「保存」は7,000円の方ではできないと。。。あー、、完全な無駄な出費となりましたーー。

 

あとは詳細小省略しますが、12,000円の方を買ってやりましたよ。無事にパスのデータを保存入手し、その後も一筋縄でいかず、なんかデータへの紐づけをITオンチ素人の私が自己流でやり…ほかにも変なことありましたが省略…復旧完了しました。

あー、もう3時間半かかりましたのと、合計19,000円は痛いわ。。。

IT弱いとこれからほんと苦労しますね、会社離れたら余計疎くなるだろうな。

自己防衛としては、スマホで全てを済ませることかもですね。。少なくとも、Outlookのメールアドレス、もう要らないかなあ。楽天カードなどAmazonなどの迷惑メールボックスになってるし。まあ、最初のいろいろな登録にこのメルアドにしてるんで、変更もめんどいのですが。ちょっと、これも一つの断捨離として検討していきたいと思います。余計なコストを生む場合が、このようにあるので。

 

また暫く倹約節約生活です、ケチとしては。しかし、この有償ソフトウェアの売り方、特定商取引法違反な面がある気がするから、訴えようかなあ。。クーリングオフできないしー。またバチがあたりそうだからやめときます。

仕事25(日本人はいつからこんなに働かなくなったのか)

この分野のブログとしては違和感のある題名、内容ですね。

でも思うところありで。私もセミリタイアしようと計画(今の計画では2023年1月末)してるなので、基本的に仕事嫌い、働きたくないサボリーマンです。なので、どうやって最小の時間で最大の成果発揮をするかしか、考えてこなかったです。

その結論方法としては、

1)曜日時間に関係なく、細切れの時間でとっととやるべきことをかたずける

2)単なる待機時間や待ち時間を最小限化する

です。なので、いわゆる現業系の仕事は視野にないです。なので、シニア、グランドシニアになってそういうバイトとかパートはすることは視野にないのです。

 

で、本題です。最近のブログで書いている内部通報の対応。社員からのヒアリングが必要で、今回は、より中立性と率直忌憚に話してもらえるよう、外部の弁護士に依頼します。先々週くらいから頭出しをその弁護士にしていたのですが、「土休日」と「18:00以降」でない時間にしてくれと。えー、ヒアリングを受ける社員は、時間外に自宅でヒアリングに応じてもらうのに。就業時間中にヒアリングのセッティングはできないですよ、そこの部署の幹部のパワハラ疑惑の事案なんですから。

大手の弁護士事務所には、こんな呑気な対応の弁護士はいませんよ。株主からの紹介、それもそこの幹部の大学時代の部活の同級生で、二世弁護士。。いい人ではあるのですが、仕事の質はそんなに高くないし、事務所に出てくのはam10:00、pm18:00過ぎには事務所にいない(電話がつながらないですね)。

確かに、当方からのこの手の依頼ではそれほどの弁護士報酬を請求されてませんが、請求してくれば払いますよ、会社の金ですから。

別の大手弁護士事務所にいるたまにゴルフに誘われる弁護士先生が、数年前、こんなことを言ってました。若手の弁護士に仕事を詰め込むと、ワークライフバランス、36協定、労基法違反を言いだして、あきれたって。

時事ネタ書きたくない(興味もないですが)のですが、例の「小室圭さん」というNY州弁護士資格を取られる方の昼間の情報番組の取材ではないですが、弁護士って未だに安い人でも年収1,200万円、センタータイルで年収2,000万円とかの高給取りのプロフェッショナル・サービス・プロバイダーでしょう。

なんかおかしな時代に感じます。今朝の情報番組で、格差社会が拡大とかってやってましたが、その通りな日本の現状を、格差されている人達がのんのんとしている気もします。

 

先週、私、午後休み取ってゴルフに行った帰りの車で、会社のメール確認して、国道の路側帯に車を止めて、この弁護士に土曜日に社員のヒアリング30分を相談したのですが、やんわりと断られたのですよ。以前、事務所に電話したら、「今日は有給休暇で休んでます」って言われました!、弁護士に有給休暇ってあるんかい!、しかも所長ですよ。。。

 

頭来たんで、今日はもう働きません!、明日の祝日仕事してメールしてやるわ。

このシルバーウイークとやらも、なんなんですかね。。ついこないだまで、東京オリンピックでふわふわしてたじゃないですか、日本。

大丈夫かね、日本経済は。しっかり、スーパーエリートとかは働いて、日本の発展に寄与してよん。

仕事24(パワハラ/優しい会社・激しい会社)

ブタクサの花粉症があるのですが、ほとんど出かけてないので影響ないはずなのですが、昨日から鼻炎と喉が…鼻炎の薬を飲んでも効かないので風邪薬にしました。

急に暑くなってまたエアコンを点けたからかも。空気清浄機も動かしてるんですがね。

さて、久しぶり?に会社仕事ネタです。

パワハラ、ハラスメントの内部通報の対応をしています。今の会社、人が良いというか優しいというか世間知らずの人達の会社でねえ。

ハラスメントにも最近はいろんな種類が「創設」されてきてますが、パワハラ厚労省が「六類型」というのを出してます。世間の知識知恵を単に紹介するブログは、私は書く気全くないので、その説明は省略。

今、対応している会社では、これまで数度、同じような訴えが同じ対象者、ある本部の幹部について来ているのですが、言ってくる人も自分で「パワハラとまでは言えないかもしれませんが…」と言う。前回までの(別の人の)通報時に、周りの従業員を数名ヒアリングしたのですが、そこでも皆さん「そういう面のある人だが、パワハラとまで感じない…」と言う。そう言われちゃうと、こっち側、外部の弁護士も含め、パワハラ認定できかねてしまうので、結局お咎めなしで、まあた同じような通報が来ちゃう。

優しいのか、忖度しているのか、遠慮がちです。これが、優しくない「激しい会社」では、全く真逆ですね。「…そういう人です…」って回答になるので、認定できるようになっちゃう。以前いた会社(複数)はそうでしたよ。

「ハラスメント」かどうかは、「不快である」かどうかなので、感じ方であってそう感じなるのなら、あとは程度問題を世間一般感覚に照らすだけ。「パワー」は、要は立場が上か、職務権限を受けていた人に行使できるか、実質的に社内での実力権力を有しているかなどです。この点で言うと、部下からのパワハラも部下の方が社内での実質的な力を有している経緯と実態があれば、パワハラが成立し得ます。

さて、優しい/激しいの違いについて、一つの例として「挨拶してくれない」で説明しますね。これですら、厚労省の六類型にあてはようとすれば当てはまり得るのです。職場内の人間関係の遮断ってやつです。しかし、今の会社の優しい?世間知らず?の人達は、鼻から「それはパワハラではない」という頭なのです。これが、以前いた激しい会社だと、「無視してますよね」って言ってくれちゃうわけです。

他に、「会議やミーティングで、自分の意見や提案は、はなから否定してされる」って言って来ている(過去から数度数名)のですが、「激しい会社」だとこれも「そう見えます」と回答があるのですが、今の「優しい会社」は「そうも見えるが、他にもそういう人はいるので…」と言われちゃうのです。

要は多分、通報対象となっている本部のその幹部に、周りはやっぱり忖度に近い優しさ?があるのでしょう、下手に言い過ぎたくない。これが、「激しい会社」では「されてる方のことも、している方のことも、知ったこっちゃない」な風土ですね、こっちの方が世間では多い会社だと思います。

なぜかというか、まあそうなるかなと最近思っているのですが、「激しい会社」の方が「通報」自体の件数は少ないですよ、世間並み(ってなんだでしょうが)。他方で、今の会社がそうですが、「優しい会社」の方が「通報件数」は断トツに多いです(汗)。

それは、要は、会社が職場の問題解決をしていないから、優しい会社は通報が減らず、通報しても厳罰が出るとまで思ってない(事実、優しい会社だから出ない)から、通報が安易なのでしょう。激しい会社は、通報されたらアウトくらいの「検挙率」なので、通報してくる側の本気度が全く違いますね。「パワハラだ」と通報者は一貫してます、「…パワハラとまでは言えないかもしれませんが…」なんてノリで通報してきませんね。

あと、今の「優しい会社」の人は、通報がバレて匿名性を維持できないのではとかをやたら恐れている(過去の職場風土、経営陣のマインドがそうだったのでしょう)。これが、「激しい会社」だと、「通報がバレたり匿名性が確保できないようなことがあったら会社を訴える」という姿勢ですよ、通報者さん側は。

だからではないですが、絶対に利害関係者に情報を洩らすようなことはしないですよ、会社側は。それバレたら、会社と経営陣自体のリスクになっちゃいますから、一個人のパワハラかどうかの問題がね。

あー、あと「通報した人」は会社に居づらくなるとか、今の優しい会社の社員さんは言ってますね。今の優しい会社では、これまで「パワハラではない件」で「通報」された人は、のうのうと会社に居ますね、一人だけ「セクハラ」の疑いで名誉ある撤退をされた方はいます(そのように勧奨しました)。激しい世間?の会社では、通報された側の人は概ね会社を去って行きますね。これって以前も書いたかもしれませんね。

報道や週刊誌などでの有名人の件など、行き過ぎの感はありますが、そういう時代かと。甘くない(優しくない)ということです。

生活25(休日料金/シルバーウイークなど)

ちょっとブログ更新があきました、仕事をちょっとやってたのと、ゴルフに行ったりしてたためです。ゴルフは、後半にはまって?しまい、納得のいかない内容と結果で、翌日に練習場に行っちゃいました。腰が痛いです。

さて、今日から連休だそうで、GWに対してシルバーウイークとやらだそうです。

コロナ禍/リモートワークということがなければ、この飛び飛びの休日の間に有給休暇をあてて連休にしてたろうなと。でも、今はそんなもったいない有給休暇の使い方をしませんね。コロナ禍でのリモートワークで、いろいろ「平日料金」を味わってしまい、全く土休日に魅力を感じられなくなってしましました。これは、きっとセミリタイヤ、完全リタイヤした人は感じていることだろうなと。逆に、私は今日の休日の午前中に仕事しちゃいました、いい出来です。。なんて。。

 

土休日より平日で魅力を得ているものを上げてみたいと思います。

1)床屋

これは以前からも平日に行ってましたね。。混み方が違います。もっとも、平日休日で料金の違いがないので、最近の私は土休日に行っています。天気がいい日の午後なら、それなりに空いてますし。出かけてしまう人が多いのでしょうね。

2)病院

これは絶対平日。土休日は、どうやっても混んでますので。子供連れの人達ですね。

料金は、注意しないといけませんよ、わずかですが。調剤薬局も含め、土曜日の午後、日曜祝日は診療報酬等が違います。微妙に。土曜日の午後に調剤薬局に行ってはいけません、50円だか余分に取られるでしょう、確か。

3)マクドナルド

いや~、さっき通ったら、ドライブスルー渋滞になってましたよ。子供連れ家族にとっては、土休日のお昼のマックは重要なのでしょうね。土休日にマックは避けましょう。

4)ゴルフ練習場

最近はまあ、平日昼間、混んでますよ。会社のipad持ってきて、ちょくちょくそれをチェックしながら打っているサラリーマンとかいますね。

だいたいどこの練習場も、平日は「2時間打ち放題」とかです。私の行っているところは、2,200円です。先日は6箱、300球打ちました(それ以上打つとホントに体に悪い)。これを土休日に、同様の球数を打つと、650円(打席料)+500円/50個×6箱で3,650円ですから。もう土日にゴルフ練習場には行きませんね(元々、ほぼ練習場には行かない方でしたが、平日行けるようになったので、また行くようになりました)。

5)ゴルフ場

これもそうです。私が行っている河川敷コースは、平日は8,000円(9月から1,500円上がった)、土休日だと14,000円ですね。もう土休日には誘われない限り行きません(誘われないけど、最近全く)。

最近、先日も「はまってしまった」コースは河川敷ではなく、れっきとした?林間コースで攻略できていないのですが、午後のスルーだと5,900円だったりです(ちょっと遠いですが)。

6)行きたいけど行かない旅行

これは説明するまでないですね。私は、旅行は趣味ではないのであまり行きませんし、最近は行くと結局は家に置いてきた猫のことが心配で愛おしくなってしまうので、もう旅行はいいかなあと。でも北海道、札幌はまたまた行きたいなあ。

7)高速道路料金

今、これって平日と土休日で料金の違いがあるのかしら?、なるべく高速乗らないので知らない私です。

 

だいたいこんなところでしょうか?、スーパーとかは平日でも結構混んでますしね。。あとはランチが平日限りの飲食店がありましたね。

あー。。攻略できていないゴルフ場に行きたいです。。。。

その他23(友人/趣味/いろいろ)

天候がいろいろでなんとなくイマイチです。ドリンク剤でも買おうか、ケチなんで迷ってます。

仕事の方に進展があったので、そちらをまた書くかもしれませんが、徒然いろいろ。

 

1)go to eatの残りポイント/店からキャンセルくらう

9月末までで、ポイントが失効するので、ポイントが使える近所のイタリアンをネットで予約したのですが、今朝、店からキャンセルされました。えー。なんの説明もないです…なんだかなあ。以前1回行ったけど、まあ、このコロナ禍で細々でしたが、店から理由もなくキャンセルするかよ。一人だからか?

別な店を予約する気力も失せたので、一旦保留して別な店で今月中に使いますわ。

 

2)友人は少ない/いやほぼいない

一人でゴルフにも行きますし、一人で(コロナ禍以前は)カラオケにもライブにも行っていて、なんの不自由もなかったです。一応、家族はいます。でも、やっぱり人との繋がり、友人が少ない/ほぼいないとちょっと寂しいと思う時があります。

自分は、Facebookとか顔出し、個人が特定されるSNS等は完全に避けてます。理由は、度重ねてしまった転職で、かなり複数の会社でやらかして?来たので、あんまり「あいつじゃん」とか思われたくないからです。

なので、人との繋がりは、LINEくらいですが自分から連絡しない限り、ほとんど連絡来ないですね(一応、家族は別ですが。。。まあ、家族のうち、息子からは完全無視されてますが…)

コロナ禍で、付き合いのある女性からもすっかり疎遠になっちゃいましたね。。。

以前、ブログでキャスターの鳥越氏の記事で、歳を重ねると体力気力、財力も劣ってくるので、そんなに人付き合いはできなく、お一人様で大丈夫という趣旨のを紹介しました。まあ、70歳代以降になればですが、50歳後半でこれだとちょっとやっぱり淋しい感じですねえ。。

 

3)急に話は変わり趣味の楽器(なのでか「変人」と言われてますね)

50歳から音楽、楽器、ギターを再開し、6年超になりました。人と演奏する機会は全くないのですが、まあこれは今の時代背景もあります(という理由にしてる)。

DTMとかやられている方も多い中、IT系はそんな得意でないので、避けていましたが、どういう流れか8月にオーディオインターフェースYAMAHAのAG6というもの)を買いました。いや、これが結構楽しい。まだDTMには行かないですが、iphoneでミキシングして演奏を自画取り、笑。先般も書きましたが、意外にイケてるんです。

まだ編集とかまで足を踏み入れてないので、一発撮りですが、いや~、一発演奏でノーミスって結構無理無理。ミスしやすいとこや、細かいリードのフレーズとか部分を練習し直して、録音撮影すると、1曲やるのに半日くらいかかっちゃいます(仕事してんのかよ~)。youtubeで「演奏してみました」デビューを今は目指してます!

プロミュージシャンらが、スタジオで録音する作業って、相当時間を費やしてると実感中(下手アマが言うっことでないか)。

あとは、ほんとはドラムも習いたいけど、もう無理だなあ。。。

 

4)趣味ゴルフ

一人予約っていうサイトをこよなく使いこなしてます。9月入ってここ1-2週間は、上記の機材にお金をかけてしまったので、ちょっとお休みしてましたが、今月も2回くらい行きたい。。

いつもは、決まった低価格コースに行ってますが、9月から2,000円も値段が上がったので別のコースを物色中です。あー、たまには女性と一緒に回りたいと思い、女性が入っている枠を狙うのですがね…これがまた、考えることが同じオッサンが多い多い。。空いてない。。

ただ、以前から薄々気付いていたのですが、女性の入っている枠の中には、「釣り」もありますね。直前、前日になぜかその女性だけがキャンセルして消えてること多し。。。まああね、違法とは言えないけどねえ。。。

 

5)ITについていくのも大変

元々得てでないです。。なのでこのブログも使いこなしてない、全く。アフィリエイトとか全くですし、写真を貼るやり方も分かってない。。。

そもそも、以前の会社までは、まあ「部下」がいれば、やり方を聞けばなんとかなってきましたが、部下なしになり、今のいる会社は中小企業なんでそもそも遅れている。

先日、外部の専門家にPDF資料を送ったら、先方のサーバのデータ量オーバーで受信拒否られ、別な方法(Cloudですな)で送ってと言われ。。。

7月までは、Microsoft だったのがGoogleに移行し、ますますわからなくなっていてで。在宅勤務だし、より誰にも聞けず。。自分で調べで、google driveで送れました。調べてやれば、そんなに難しくなかったですが。。

今の時代は、人に聞くのはNGの時代で、なんでも自分で調べてやれないとですねえ。

でも、だんだん疲れてきますね~。いつまで続くかなあ。

仕事23(退職勧奨いろいろ/今どきのメンタル休職)

趣味のことを書こうかと思ったのですが、関心を持って頂いて、参考になればとして仕事関係を書きます。一部、以前のブログに書いてるかもですが。あと、もうリタイアした人には役に立たない話です。

ある部署で、「どうにも使えない日報や勤怠すらちゃんとできない部下がいる、人事の方で何とかしろ」と言う中途で入ってきたばかりの部長とその上司の役員、たぶんどちらも外資出身です。

私は人事部門でないので直接関係ないのですが、そのやり取りがCCで入ってきて傍観していました。しょうもないなあ、自分のマネジメント能力を棚に上げてと見てました。

で、人事に押し付けて異動させることにしたようなのですが、引取先部署なしの状態のところ、本人がメンタルで休職したいと人事の役員に相談してきたそう。先の上司の部長は、メール上では「はい」だけで、それもなんだかなだったのですが、その後に当人と面談したら休職の申し出を撤回したの由で、また異動先を用意しろと来ましたわ(ちなみにこの部長、女性、近づかないことにしてます)。

ここでいい加減、私、点火してしまいました。「一度はメンタル疾患と言っていたので、休職の是非は、治ったというものかどうかによるから、ただ撤回で終わりでなく、会社の安全配慮義務として産業医と面談させてから決定した方がいい」と横から言いました。

あー、ほんと横から入らなきゃいいのですがね、ちゃんと専門的な判断や世間常識レベルの知恵や判断がない会社上層部。

何が言いたいかと言うと、人事の担当役員と同じ意見なのですが、もう休職してもらってその間に転職活動してもらって、更に休職から復職できなければ自己都合退職に持っていこうという算段だった訳です。そこおいて、他の部署に異動させろって、ただ自分側勝手の上司が、「撤回しました(させました)」って、私から見ると「ふざける」なのです。

私のこの意見方法、一見とっても残酷に見えますが、まあ世間ではいまどき普通ですよ。それと、その方が当人のためです。理由を書きますね。

 

1)本人のため

まず単純に、何千人、何万人もいる超大手の企業グループじゃない限り、あてがう場所や部署なんてそうないです。会社側も本人にとって不幸ですよ、異動先を探し続けるなんて。多分、外資出身の役員は、延々と行き場がないことを示して、自己都合退職を当人が選択するのを待っているのでしょう。これこそ一番残酷。

2)メンタルでの求職はいまどき普通のこと

私は古い時代からのサラリーマンなので、以前は「休職」なんてしたら一生終わりと思ってましたが、ここ10年超前くらいから、もうそんなことないです。誰がメンタルになってもおかしくないし、なっていてもおかしくない。休職したことを不利に扱おうなんかしたら、またそれが別のハラスメントって言われますよ、そういう時代。

これを著名人などが書くと炎上するでしょうが、芸能界、スポーツ界でもそうなってきてますでしょう(個別に上げませんね)。

3)転職

メンタルで休職歴があると転職時に不利になる?、とか、休職中に転職活動しているとまずとか休職していることが応募先の面接とかでわかるとか??

どうやら「ない」です、都市伝説に近い。自分が言わなければいいこと。もっとも言わなかったら形式的には経歴詐称にあたります、あくまで形式的には。

4)メンタルで休職したままの自己都合退職

これ、以前も書きましたね。仮に、休職中に転職成功できず、休職期間満了し復職にも至れず(復職を絶対と思わない方がいい)、やむなく自己都合退職でも、失業保険は会社都合と同じ扱いになる「特定離職者」となります、申請すればね。

一旦失業した状態になると、転職就活では厳しくなりますが、そこをどう考えるかですね。

 

冒頭の会社の件ですが、その「失格」とされた部下の人(彼)、なんか「勤怠もちゃんとつけれない」とか、その上司の女性部長とその上の役員が私にメール転送してきましたが…うざい…でも、要はこの「彼」はやっぱり病気なんでしょう、それ自体が府普通じゃないでしょう。休職させてあげろよ、そして最悪は自己都合退職になっても「特定離職者」として失業保険では多少のメリットを享受できるようしてあげなよと思うのです。

 

あ、ちなみに、休職中は基本給与の60%が傷害保険手当として出ますよね、大手の会社だと上乗せが10%とか20%とかある場合もあります。上乗せがあって80%支給で、基本給がある程度高いと、結構ウハウハですよね。

シニア世代になっていて、もう次はセミリタイアとかなら、この手を使って数か月から最長2年とかもいいかも。退職金制度がなかったり、あっても退職金の積み上げに影響が出ないならね。そして、失業保険もしっかりもらうのです。

これ以前にも書きましたね…多分。

 

もう一つ、芸能事務所からお給料制で雇用保険/健康保険を払っていた芸能人なら、仕事がない間、メンタルで休職しちゃた方がいいかもですね。傷病手当って会社が負担するんじゃないから、確か健保ですね。失業保険は、雇用保険からですね、こちらも会社自体の負担ではない。

仕事22(ビジネス誌の出世取材記事ほか)

今日もブログアップです、数は少ないですが「イイね」をしてくれる読者がいて、励みになってます。

今日は(もか?)、急激に仕事やる気が失せること、会社のメールのやり取りで見てしまって、それも書きたいところですが、数日あけてにします。

今日の会社の出来事でなく、今日ネットサーフィン(古い言い方かな)をしていて、「ビジネス」のところで、私にとって「おおっと!」といものがあったので。

仕事16と17で書いたことの関係です。あるビジネス誌で、私がむかーしいた会社の人(まあ短い間部下でした)、女性、その方の成功出世記事の件がありました。そこで暗に悪く私のことが書かれている箇所があって、当事者であった私はもちろん、その会社の一部の人ならわかる書き方でした。これへの想いを書いたのが、仕事16と仕事17のブログです。

で、本日、その私のケース(?)を掲載していたそのビジネス誌が、まあたどこかの女性のキャリア成功のある人の記事を出してました。シリーズものなのかなあ、とにかく成功したキャリア女性を紹介したいのでしょうね(女性の方みなさん、気分を害されたらごめんなさい)。

自分の件があったので、アホらしくてその女性のそのビジネス誌記事自体は読む気になれず、読まず一般の人のコメント欄を見てみました。笑いましたわ。

今回のこの方のその記事には、大多数がネガティブ、批判的なコメントでした。いや~、外野一般人の人はちゃんとわかっていて、こんなの全て鵜呑みにしてないんだと。

この今回の方(私は全く存じあげません)の記事には、「それは真実でない」という当事者に近い方のコメントまでありました。

一応、誤解を招いてはいけないので再度言いますと、私のケースでキャリア出世した女性の書かれている内容は、私のことを暗に批判している箇所も含め、それは真実で間違いやウソはないです。ただ、そこまで書く必要ある???、公共に流布される媒体メディアに。。。わかる人にはわかるじゃんての。。。

で、言いたいのは、このビジネス誌の女性キャリア記事、やっぱりちょっと不適切というか関係者という側面において、配慮が足りないと確信しましたね(ちなみに文春ではないです、ビジネス誌じゃないですしね、文春は)。

翻って、いまでもあるのかな、日経新聞のなんだっけ、「私の経歴」だか「私の履歴書」だか(50歳過ぎてから日経読むのやめたので…)。あれって、一番面白かったのはニトリの似鳥社長(会長?)のでしたが、あれでも相当縁のあった人に気を使って書かれている感がありましたよ。あと誰だったか、そういう経歴の話の時には、死んだ人のことしか書かない(言わない)という一派な経営者がいましたね。

女性のキャリアアップ、出世を私は賛成派だったよ…だから、その後の転職人生での職場でも、自分の以前の会社の部下だった女性が出世していることは聞き及んでいたので、自分としては自慢でした。でも、いまはもうそういう感慨もないし、考えもしないですね、しないことにします、前回のブログで書いたように忘れるようにします!。

って、忘れることができてないから、またそのビジネス誌の似た記事を見つけちゃったのですがね。まあ、良いように、都合良いように捉えさせてもらいますわ、「過剰に一方的に美化しているような記事は、一般の人も決して賛同的でない」とね。

 

さて、会社の方のは、失格社員を他部署に追いやりたいというような事案で、なんか誰も当事者として解決しようという意識が見えず、部門同士で押し付け合ってるんですよ。。。出来が悪くても解雇できないのは、外資系でない限りしょうがないのであって、そこでどうsettleするかでしょう。。いずれ書きます。

 

あー、憂鬱になることが仕事関係(過去も含め、ただし副業先は除く)には多く、やっぱり早くリタイアしたいです。