AMATSUN’s blog

50代サラリーマンのセミリタイア

その他11(モチベーション/副業/ITなど徒然に)

ここのところ全くモチベーションがあがりません。

思うに理由の一つは、前回のブログにも書きましたが娘が結婚して家を出るので、たぶんそれかなあと、やはりとても寂しいですね。

次の理由は、年初から依頼されてきた副業がどうも今月で終わりそうなことかなと。他の方のブログ記事にもありましたが、この歳になってお仕事をもらえること自体が稀なことで運不運くらいに思って成り行きに任せないとだめですね…しかし、一方で上から目線で物言うをだけの「社外取締役」とか「顧問」みたいな仕事にありついている高齢者もいますなあ…まあ、人と比較すること自体をやめないと、幸せなシニア生活は送れませんね。

最後にもう一つ理由があるとするなら、このコロナ禍の生活、自分ではウェルカムと感じていますが、どこかでやっぱり何かストレスもあるような気がしてきました…まだ解明できていませんが。

話変わり、いま正規社員で所属している会社のことですが、ITツール、メールがなんとmicrosoftoutlookから、私の嫌いなgoogleのg-mailに今月いっぱいで急に切り替え移行となりました。セキュリティの問題だとか。ふん!、ぷんぷん、ほんとg-mail見づらいし、使いづらい。ほんともう、なるべく仕事しないようにしようと思ってます。

生活12(モチベーションが上がらない)

時間はあったのですが、ブログ更新が少し止まってましたね。

梅雨の気候のせいとしてるのですが、近年になくモチベーションがあがりません。

仕事はすっかりやる気がなし、2023年の1月でセミリタイアを正式に目指そうかと…。

あとは、実は上の子の娘が結婚して家をでるので、そのことが一番気落ちしている原因かもしれません。なんか、楽しくないです。

ゴルフは、先々週、御殿場方面でグダグダだったので、河川敷に行ってきました。まあ、概ねいつも通りで、簡単なコースだとひどくなくです。

ギターは、調整に出していたものが帰って来て調子は満足、修理に出してたアンプも良くなって帰ってきましたが、以前から椅子があってなくてギターの練習すると腰が痛くなるのがどうも。。。。けちらないで椅子を買い替えないとだめですね。

同年代の知り合いが少なく、みんな50歳代後半の人ってどいしてるのかなあ。同期等で出世して役員なった人は、会社のホームページに出てたりして、まあ裕福そうですわ。

さて、今日はギター教室なので練習しますわ。

生活11(ワクチンの職域接種)

うーむ、気候のせいか体調はイマイチです。大学生の息子のように、ぐだぐだ寝てようかと試したのですが無理でした。

さて、報道でコロナのワクチン接種が職場や大学で始めるようで、もっとも職場は大手の会社、大学も有名国公立大学、慶応早稲田とかですね、あいかわらず格差ですが誰もあまり指摘したり文句がでないですね…。

一応、まだ会社に所属している私、今の会社は中小企業なので大手さんのようなことは無理なのですが、またワーワー言った外部から来た(私も外部からですが…)役員がいたのでしょう、産業医のいる病院で受けられる方向で調整中のようです。やれやれ、受けますよ、私は。理由は、最近、知り合いから「受けた?」と連絡が来るので、打ってないと会ってくれないになりそうですからね…これは差別につながりますねえ。。

昨日今日の職域接種の報道で違和感を感じたのが、全日空の職域接種が昨日の日曜日から第一号で始まったとのもの。

今どき国際線に乗って海外出張しますかね?、コロナが収束しても高い出張費用で海外出張なんか相当下火になるでしょう、Zoomで十分ですよ。

しかも全日空グループ社員3万人全員に接種だと…。確か業績不振ですよね、全日空、グループ子会社の地上職の人らをトヨタ自動車の出向受入れしてもらってたよね。。なのに、こういうことにはやけに手厚い。。。しかも、報道によると政府の後押しもあってだとさ。

鉄道、電気、ガスなどインフラの会社とか、医療機器や医薬品を病院に供給している職業の会社とかの方が優先高くないですかね。

全日空にお勤めの人にはお許しください。以前、30歳代の頃に企業の専門部門の人の集まりに参加していた時があり、その時に、全日空の部長殿は上座にうやうやしく席を用意され、とっても上から目線で話す人でした。あと、ついでに大手商社、なんとか物産の理事。。

あと、以前住んでいたところの側に全日空の社宅と寮がありました、お昼前後からハイヤーがいっぱい出入りしてました、なんなんですかね、普通に電車あるやろう。なんか特別な立場か身分と思ってるような…感じに思ってました。

だからではないですうが、私はJAL派でした。まあ、海外出張も海外旅行も今後はないだろうから、年会費のあるJALカードは解約しましたよ。航空機乗るとしたら札幌/四国/沖縄に行く時だけだろうな。。。

全日空の機上職とカンター職とかは、まあオリンピックで海外から人が来るからまあまあそうですねと…でもグループ子会社とか中には関係ない(もう必要でもない)会社すらないですかね。。それでグループ全社員3万人にだと。でも、報道では好印象に伝えられてましたね、、なんか一般国民も鈍感な気がしました。

仕事15(役職定年後の年収)

ここのところ気分がすぐれません、天候のせいか、あとは副業で受けている仕事が今月で終わりそうな予感があったり、今の会社仕事、今年度で辞めたい気分などなどからか、またまた変な夢を見ます。

ちょうどこの時期、地方税の通知書が来ますね、私にも来ました。地方税、昨年に比して半額に近くになりました…もっともそれは年収(所得)自体が半分近くになったからです。

今日のお題ですが…私は、55歳の役職定年前の54歳の時に、役職定年で年収大幅ダウンを恐れ、転職しました(もう10回目に近い転職回数目)。この時の転職は、もう一つ理由があって、他の部署の女性部長からパワハラ呼ばわりされ、またこれを鵜呑みにした社長から一種のパワハラされたりで…この時のことはまた機会を見つけて書きますね。

私は一種の専門職の部門長でそれまで来てましたのですが、役職定年となるとほかの部署で働けるノウハウや経験がない(当時いたその会社はITシステム系の会社なのですが私はITシステム系の技術者ではないので、その会社に居場所はないのです)ので、役職定年=事実上の退職勧奨なのでした。

そして、シニアエキスパートとしてある企業に転職したのですが、上司になった女性室長から「私より給料高いんですからもっと働いてください」とか言われ頭きたので、また転職して(もう10回目に近い転職回数目ギリ)、今の会社にたどり着きました。

今度は、コロナ禍で当初月収6ケ月相当の想定年俸だった賞与が全くでないことになり、結果、上記転職前の半分近くにまでなってしまった訳です。

まあ、結局結果として、世間で言われているように55歳役職定年後には年収が4割近く減るというとおりになってしまったわけです。

そういう意味では、縁あっての副業は大変挽回チャンスとして助かるものでしたが、来月以降は不透明です。

まあ、ジタバタしても結果おんなじってことでしょうかね。。

その他10(また長時間ドライブ)

つい先日、静岡県御殿場までセレブの知り合いとのゴルフに行ってきました。練習もしっかりやってるのですが、アプローチ、パターがぼろぼろでスコアは酷かったです(心が弱いからですな)。

さて、私の家からとても遠いので前泊で行ってきました。往路は、内陸から有料道路を使いならがぼちぼちと。まあ、翌日ゴルフという楽しみもありましたので、悠々と。

問題は帰路。すっかり打ちのめされて、小田原までは下道で、そのあとは海側の有料バイパスを使い…西湘バイパスは大好きですね…かつて社会人になって、好みの車を自分のサラリーで買って、この道を走ってゴルフに行ったことが何度もあります。

途中から、神奈川県に入り、以前、住んでいた街、そこは転職した会社の社宅にいた土地です。子供(一人目)が小さい頃で、少しは子供と過ごした時間もあり、いろいろ少しは感慨に浸りつつですが、あまり大した感動もなく、少しでも早く帰りたくて横浜からは、首都高速をがっつり乗りました。

途中、まさしくその社宅の会社の側や、他にも仕事などでかかわった先のビルなどを見つつ、あー、俺ももうすぐ何年かでサラリーマンも終わるのだと、また、感慨がわきました。

その後、私がその社宅の会社を辞めるある契機と背景となった人の一人の住む街を首都高で過ぎ、一時は持っていた腹立たしくかつ恨む感情も薄れている気持ちで家に着きました。

最近よく耳にする言葉で、人と比べない、比較しないというセリフ。若い人が言うのがとってもカッコいいほか、まあ成功している人に言われたくないけど、今回のゴルフ知り合いのセレブのお方もそんなこと言ってたかなと。

ちなみに、うちの子供らも言いますね、このセリフ。

さて、ここ1ケ月くらいで、都内をギターアンプ修理でドライブ、かつて学生時代を過ごした土地へ車で、そして今回、かつての会社の社宅での時期、その会社の時代が一番輝いて自分をまた思い出し。。。。。

その日の晩から翌朝、またいやな夢を見ました、そうです、その会社の人が出てきてしまいました。自分が退職する景契機と背景になったその人ですわ…優し顔して。

結局、人と比較してしまっている成長のない私なんです、きっと。

生活10(最近の体調変化)

今日も雨模様の日曜日になりましたね、ギター教室に車で行かないとかなあ。

コロナ禍でも、いいペースでテレワークしてたりで快調なつもりでいたのですが…。

最近の体調状況と変化と書きますね。

1)梅雨と低気圧によるものか

一つは頭痛です。頭痛なんて若い頃?は全くなかったので、頭痛薬を飲むことはほとおんどなかったのですが、ここ最近、夜と朝に頭痛がすることがあり、頭痛薬のお世話になっています。一昨年勤めていた会社に、30歳前後の女性が数名いたのですが、彼女らがよく低気圧がくると頭痛がでると言ってましたのですが、なんかそれっぽいです。

あと、少し無気力感がでますが、これは後述のことが原因かも。しかし、気温差もきついですし、ここのところの天気はどうも…若い頃はそんなこと気にもしなかったのに。

2)更年期障害

これは今の体調には関係ないと思っています。というのは、40歳代後半から50歳代に酷い更年期障害だったと思っているので。当時、とにかく寝汗がひどく、かつ悪い?夢ばかり見る状態でした。3年くらい前ころから、気付かないうちに治っていた感覚です。

ただし、更年期障害ではなく単なる老化でしょうが、目は悪くなったというかよく見えない、後述します。

3)うつ/適応障害

最近、これは多くの方、有名人も含めカミングアウトされてきたりで、市民権を得てきましたね。私は、2004年の年末にあることからうつになり、ずっと心療内科で薬をもらっています。20年近い!。いまでは、3か月に一度くらいに処方箋をもらいに行くくらいで、薬も毎日は飲んでないので、ほぼほぼ克服できつつあります。これについては、別途記事を書きたいと思います。

適応障害は、うつとは直接は違うものとされているようですね、名称のとおりかと。以前の職場で、同時期に入ったシニアの方で超優良企業から来た方が3か月でこれをカミングアウトされて辞めていかれました、同じ歳の方でした。その後、その会社を私も短期間で辞めるのですが(以前、記事書いたと思いますが、シニアエキスパートで入社したのですが、40歳の上司にあたる女性のマネジャーから「あたしより給料高いんですからもっと働いてくださいと1か月目に言われて頭にきた会社)、その際、この辞められた適応障害を使うことにして、通院して心療内科の先生に、「適応障害で診断書書いてもらえますか?」と頼んだら、即諾で「2か月休養必要ってのでいいですか?」って感じでした。その診断書は、この会社を辞める時に嫌味で出してきましたよ。

4)目

ちょっと話がそれましたね。で、視力ではなく、単にとにかく見えない。。。

まあ、コンタクトレンズならまあまあ遠くと全体は見えますが、手元の老眼は酷いですね。6弦ギターが、12弦ギターに見えますし、リモート会議で共有で画面に出される資料の字はてんで見えないので、ハズキルーペします。

これまでの近眼鏡とコンタクト装着時にあわせた老眼鏡はなかなか活躍してくれるのですが、よく、家の中で行方不明(どこに置いたかを忘れてしまう次第)で、先月末に近眼鏡と老眼鏡をそれぞれスペアで買ったのですが、どうも合いません。新たに買った近眼鏡は、ちょっと強くしたのが良くなかったようで、今度は車のカーナビが全然見えない、近くが見えない範囲が広がってしまいました。

あとは、昨年、飛蚊症ってやつが出ました。女医さんの眼科で診てもらいましたら、「治りません、飛蚊症は」と言われましたわ。今は、慣れてしまいました。

5)気分障害

コロナ禍は、自分にはリモート勤務も含め問題ないと思っていましたし、なにより混雑の通勤なし、嫌な人との雑談でのご機嫌取りも不要なので快適と思ってましたが…。

最近しかし、ちょっと気分が…なにより、フィジカル又はそれに近い距離で、女性(シニアでない)との会話や接点がないことは、結構なんか…。

基本的にテレビや映画とかに興味が前からないので、画面越しのタレント女性とか全然興味がないです。好きなゴルフも、昔は女子ゴルフの中継は見たりしてましたが、最近は全く見ないですね。。。実物の女性との接点がないですね、家にいる生活では。。

外で接点のあった女性は、皆、コロナでワクチン接収後まであってくれません。

風俗系はさすがに怖くて行けないですね。カラオケ(一人カラオケも含め)行ってないし。。。で、加えてここのところの気候ですかね、うーん、ちょっと気分が落ち込んでる感じです。

6)性欲

次にこれですかと。たまたま?ですかね、1年前くらいから性欲はあるが、ん?、元気がイマイチに入りましたね。。。まあ、数年前まで絶好調でしたが、同年齢又はちょっと下の世代の男性から呆れられたくらいなので、もうしょうがないですかね。

7)老化

これもしょうがないですよね。髪の毛は白いものが多いので、もう10年くらい前から白髪ぼかしを理髪店でやってます。他方で、髪の毛は太く硬くなり、眉と鼻毛が明らかによく伸びますわ。。眉毛は、理髪店で月に1度はカットしてもらってますが、最近は全く1か月もたず。。。

あとは、手荒れとての見た目が老化。。これも皮膚科に行ったら、70歳くらいの先生に、「手はね、しょうがないです、使うのですから痛みます。手を使わないで後ろに回しいてでもいれば痛みませんが…」って。

 

なんかネガティブな内容になってしまいました。うつがどう克服されたか(克服したではないです)、これ、いずれ書きますね。あ、食欲はありありでこれは困ったものです。

その他9(35年前の地を訪問)

またブログ更新が少し間ができてしまいました。

先週末、家族との用事で35年前の学生時代に住んでいた土地に2泊で行ってきました。

これまでの間に、出張で数度は訪れたことがありますが、この歳になり先が見えてきてしまったところで、あらためてどんな感慨があるかを期待し、訪問してきました。

学生時代過ごした場所、住んでいたアパートの所、よく行っていた定食屋は…。

まず、主要道路や商店街の構造はそりゃあ変わってないです、35年経っても。あったお店は、ほぼすべて変わってますね…そういう意味で面影があったというかないというか、微妙。。。

驚きは、35年前住んでいたアパートは存在していた…周りに別の学生用ワンルームマンションが多数建ってはいましたが。他にも、友人や知り合いが住んでいたアパートやマンションは以外にも残っている…日本のアパート/マンションは長く存続しますねえ。

定食屋等、利用してたお店はもう見つかりませんでしたね…人はそんなに長く働けないことかどうか。。

大学のキャンパス等、全て回りました(主として車ですが、歩きもしたので脚が痛くなりましたわ)。面影はそのままにほぼ等しいでした…35年の歳月を感じないことが、なんとも微妙。

 

どんな感慨を感じたかというと…期待していたのは、「まあここまで一応は生きたよ、少しは頑張ったよ」という自分への想いが沸くのではだったのに、完全に打ち砕かれましたね。

これだけ環境のいい、素晴らしい地で、もっとなぜ有意義な学生生活をしなかったのかという後悔のみでしたね。親に仕送りしてもらって、こんな環境を得られたのに(加えて、一応自分にとして、一生懸命に大学受験勉強して入ったのに…)。

 

元々、まあ自分がサラリーマンとしてすら成功できなかった/他方で同級生は成功している者もいるということへの自己反省と後悔はずっとあるのですが、そういう意味よりも、この素晴らしい土地の環境で、もっとデートしてその環境を満喫するとか…なんだろう、勉強以外で、ただし健全な過ごし方への後悔を感じ、これは予想外でした。

車や徒歩で回り、当時来たことがほぼないいような箇所箇所を見ての感慨でもありました。

 

帰ってきて、今今、なんでそういう感慨を感じることになったかの当時の生活への反省というか理由は二つあるのだろうと。

一つは、一人暮らしの学生で朝起きるのが遅く、明るい時間に有効に生活してなかったことへの反省ですね…夜とかの記憶ばかり。

二つ目は、なんでそういう生活になったかの理由の一つにもなりますが、やはりお金がなかったこととお金の使い方が有意義でなかったのではという理由を感じました。それこそいろいろな子といろんな場所にデートでもするには最高な場所だなあと、先週行って感じたのですが、当時はそんなことするにも資金がほぼ日々生活するので一杯一杯だった…今は働いてそれなりの貯蓄もあるから、そんなことも考えれるのだろうけど…。

 

また、この土地には訪問する機会がこれからもありそうですが、昔はここに戻って来て住むのもいいなあなんて思ってましたが、今はその気持ちはほぼなくなりました。

なぜなら、移住すると当時への後悔みたいの日々感じてしまいそうだからです。

前に進むしかないですね…。